ともぐらし

タカラヅカ初心者の とも です。OGは朝夏まなとさん、美弥るりかさんを応援しています。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | スポンサードリンク | - | - |- |
    舞台:『A Fairy Tale −青い薔薇の精−』『シャルム!』/花組組2019@宝塚大劇場 三井住友VISAカード貸切公演

    久しぶりに宝塚大劇場へ行ってきました。

     

    明日海りおさんの退団公演。

    そういえばみりおさんも花組もまだ見たことがなかった!と気づき

    チケット難に怯えつつ何とか確保できました。

    貸切公演ということで組長挨拶・抽選会・トップスター挨拶とサービス盛りだくさん。

     

     

    A Fairy Taleはタイトルの通り青い薔薇の精役のみりおさん。

    何それ?とならず、この人が青い薔薇の精なんだ!と

    登場するだけで説得力があるのがすごい。

     

    華優希さんがかわいくてね。

    シャーロットかわいいなって思っていたら

    ほとんど話が終わっていました。

     

    柚香光さんは写真で見たときはかっこいいけど

    好みでないななんて思っていましたが

    舞台で見ると素敵で、何より華やか。

     

    時代設定が産業革命時のイギリスで

    興味があるプラントハンターが出てくるので

    楽しく観れました。

     

    しかし絵本作家トムの招待はバレバレですやん。

    って突っ込みそうになりました。

     

     

    シャルム!はやっぱりタカラヅカはショーだよね。

    って改めて思う作品でした。

     

    男役が死んで復活するのはよく観ますが

    (よくあることでいいのか?)

    娘役が復活?するのは珍しいなと思ったり。

     

    花組は上で記した方以外は

    水美舞斗さんまでしかわからないのですが

    さすがスターぞろいの組だなあと思う華やかさ。

     

    みりおさんがセンターで踊る場面で

    他のスターが完全にV字でずらっと並ぶフォーメーションで

    人の多さに改めて驚いたり。

     

    ロケットは背が高い子が多いなという印象。

     

    デュエットダンスの衣装がペールグリーンとゴールドで

    好みの色合いでした。

     

    みりおさんの客席降りで

    近くの人が皆乙女になっていたのも印象的。

    しかしアドリブの部分でみりおさんまさか噛んでしまう。

    あれだけかっこいいのにかわいいとか反則か。

     

    終演後のトップスター挨拶では衣装が引っかかったようで

    かわいいとか以下略。

     

    あとみりおさん登場→拍手→一斉にオペラが上がる

    の流れが見事に揃っていて、ここ野鳥の会の集会だったかなって

    混乱しました。

     

     

    最近はタカラヅカ以外の舞台を見る機会も増えましたが

    やっぱり宝塚大劇場はすごい!

    盆が回っているだけでおおってなりますもん。

    セットや衣装の豪華さではここに敵うカンパニーは中々ないのでは。

     

    今回はあらすじすら調べずに行ったのですが

    それでも分かりやすく、楽しい時間が過ごせました。

     

    そしてみりおさんはやはり美しかった。

    最後の公演を観ることができて幸せでした。

     

     

    0
      | おおた とも | comments(0) | - |タカラヅカ(舞台と映像) |
      舞台:夢現無双・クルンテープ/月組2019@東京宝塚劇場 千秋楽LV

      美弥るりかさんの退団公演。

      千秋楽のライブビューイングを観てきました。

       

      これが本当の最後なのでさみしい。

      けれど宝塚大劇場からどう変化・進化しているのかは楽しみ。

       

       

      芝居の夢現無双は月城かなとさんが休演されているので

      又八の顔が違う!と一瞬驚きました。

      代役は風間柚乃さん。

       

      月城さんの又八はどこか育ちが良く

      珠城りょうさん演じる荒れた武蔵とは対照的なのが魅力でした。

      風間さんの又八は武蔵と通じるものがある似た者同士。

      幼馴染という言葉がしっくりきました。

       

      当然風間さんの本来の役・宍戸梅軒は

      蘭世惠翔さんが演じられているのですね。

       

      美弥るりかさんの佐々木小次郎は一層美しく

      存在感がさらに増しているように感じられました。

       

      特に印象的だったのが海乃美月さん。

      吉野太夫としての色気や貫禄、女性らしい強さが

      より感じられるように思えました。

       

       

      ショーのクルンテープは美弥さんが

      たくさん映るカメラワークで嬉しかった。

       

      月城さんのシーンは多くを風間さんが

      ムエタイのシーンは夢奈瑠音さんが代役。

       

      夢奈さんはスタイルが良い印象でしたが

      暁千星さんが並ぶと、小さく見えて不思議でした。

      というか暁さんが大きいのですね。

       

      今回私のなごみポイントは

      セ・マニフィークの千海華蘭さん。

      若手の中で今日もかわいらしかった。

      僧侶役の時もつい注目してしまいます。

       

      美弥さんの黒燕尾の胸のお花は今日も綺麗でした。

      最後に美弥さんのアップが映り

      とても清々しく、美しい表情をされていました。

       

      隣の方が後半ずっと泣いていらっしゃいました。

      私は目に焼き付けることに必死すぎて

      泣くことすら忘れていました。

       

      パレードは番手順に降りるためか

      千の星を風間さんが

      月の城を暁さんが歌っていて

      少し変な感じ。

       

       

      光月るうさんの挨拶では

      会場でまた嗚咽のウエーブが。

      宝塚の愛の巡礼の一言で笑いのウエーブも起きていました。

       

      さよならショーは大劇場のLVで内容がわかっているので

      落ち着いて観られました。

       

      スイートハートやアルトワ伯は色物的な役ですが

      美弥さんが演じるとひたすらかっこ良く魅力的。

       

      大階段で登場する衣装は白だと思っていたのですが

      裾が紫のグラデションになっていてとても綺麗で

      美弥さんらしい素敵な衣装だなと思いました。

       

      このタイミングで音風せいやさんが好みなことに気づいて

      退団が惜しい。

      三十郎役の方がきれいな顔でどなただろうと

      思っていたのですよね。

       

      玲実くれあさんのお花渡しは宇月颯さん。

      黒の上下でレースのトップスとシンプルなパンツで

      オシャレでした。

       

      美弥るりかさんへは壱城あずささん。

      お二人は本当に仲がいい印象。

       

      月組ジャンプは退団者4名で

      「月組フォーエバー」。

       

       

      終演後、緞帳前に珠城さん・美弥さんが登場。

      「漫才みたい」「相手役さんみたい」「私の旦那が締めます」等

      美弥さんは最後まで楽しく終われるような心配りをされていて

      この方を好きになってよかったと思いました。

       

       

      美弥さんを知ってからの日も短く

      浅いファンではありましたが

      それでも退団はとても悲しく思います。

       

      でも、魅力的な女優・美弥るりかさんが観られるのなら

      これからも応援し続けたいと思います。

       

       

      0
        | おおた とも | comments(0) | - |タカラヅカ(舞台と映像) |
        舞台:夢現無双・クルンテープ/月組2019@宝塚大劇場 千秋楽LV

        とうとう千秋楽。

        ライブビューイングで観てきました。

         

        LVだと細かな表情がはっきり見えるのがいいですね。

        子役の武蔵がお通に思いを寄せる様がかわいかった。

         

        そして宝塚大劇場に立つ美弥るりかさんは最後と思うと

        一瞬も見逃せない気持ちでした。

         

        武蔵が後ろから切りつけるシーン

        以前見た時は刃に当てるべきところが鞘に当たっていたので

        綺麗に決まっていてよかった。

         

        ショーの黒燕尾では最初のせり上がりの時は紫がかった色の花を

        群舞に合流する時は白薔薇を胸に差していて華やかでした。

         

        アップで観る美弥さんは一層麗しく

        男役・美弥るりかをもっと長くみていたかったなあと思います。

        ちょうど組長挨拶で光月るうさんもおっしゃっていましたね。

        客席から嗚咽が聞こえた瞬間でした。

         

        そこからまさかのBADDY・スイートハートの曲で

        サヨナラショーは始まり

        最後までファンを楽しませようとする美弥さんの気持ちに

        胸が熱くなりました。

         

        深い赤の衣装も素敵。

         

        次は1789の私は神だなんて濃い流れ。

        イロモノになりがちなアルトワ伯のような役でも

        しっかりかっこいいのが美弥さん。

         

        カルーセル・ロンドのテキーラでは月城かなとさん、暁千星さんをはじめ

        男役を引き連れてかっこいい。

        こんなシーンももっとみたかったなあと

        しみじみしました。

         

        オール・フォー・ワンで銀鏡渡り。

        銀鏡=美弥さんのイメージが強い。

        他の退団者3名の歌も素敵でした。

         

        次に大階段に現れた時は白い衣装。

         

        グランド・ホテルのチャールストンでは

        チャーミングなオットーに。

         

        アンナ・カレーニナでは

        ショーを休演している海乃美月さんが出ていらして

        驚きと共に嬉しい。

        最後の主演作品の相手役ですもんね。

         

        階段降りは袴で、さっぱりとした笑顔。

        あまりにもスッキリした表情なので

        泣きかけだったのに、つられて涙も止まりました。

         

        でも月城さんの堪えた表情にはやはりつられて泣きそう。

         

        退団者のお花渡しは凪七瑠海さん。

        ショーで差していたのと同じ?紫の花束が素敵でした。

        よくあるブーケ型ではないのも新鮮。

         

        終演後客席が立つと見事に皆んな白い服。

        LVの隣の席の方も全身真っ白で退団者会の方なのでしょうね。

        こんなにも沢山の方が全力で応援されているんだなと

        改めて実感しました。

         

         

        東京公演のLVも観る予定なのですが

        次回が本当の最後。

        その瞬間まで応援し続けたいと思います。

         

         

         

        JUGEMテーマ:宝塚歌劇団

        0
          | おおた とも | comments(0) | - |タカラヅカ(舞台と映像) |
          舞台:夢現無双・クルンテープ/月組2019@宝塚大劇場 宝塚友の会・VISAカード共同貸切

          夢現無双とクルンテープ、2度目の観劇です。

           

          珍しく夫が観たいというので

          背が高い夫が後ろを気にせず観劇できるよう

          最後列が予約購入できる日を狙いました。

           

          芝居と同じ原作のバカボンドを読んでいる夫に

          ストーリーを聞いたので

          前回より話の内容は分かりやすく観られました。

           

          事前に歌劇の「ワールドワイド オブ タカラヅカ」

          を読んだことも、武蔵の行動原理の理解の助けになりました。

           

          武蔵は剣士として強い人と思っていたのですが

          兵法家であり、勝つためには手段を選ばないという解説から

          武蔵のある意味卑怯とも取れる戦術が

          勝つこと一点のみを目標としていることで合点がいきました。

           

          夫に誰が一番強そうだった?と聞きくと

          美弥るりかさん演じる小次郎だそうです。

           

          私はというと

          武蔵が後ろから襲いかかり、小次郎が背後の長干し竿で受けてから

          足で相手の剣を踏む流れが流麗で見惚れました。

           

          あと又八はやっぱり憎めないいいやつだなあと再確認。

          人としてはダメなんですけどね。

          月城かなとさんの演技力があってこそかな。

           

          そして改めて吉岡清十郎に惚れました。

          暁千星さんってこんなにかっこよかった?と戸惑っています。

           

           

          クルンテープは僧侶の衣装が変わっていましたね。

          オレンジからグリーンへ。

           

          そして前回は気づかなかったのですが

          佳城葵さんが僧侶の一人を演じていて

          ムエタイの後ろで勝った負けたに様々な反応をする様子がおもしろく

          ずっと観ていました。

           

          あと美園さくらさんがメインのアイドル曲も変更していましたね。

          あのかわいい男役さんは誰?とオペラを向けると千海華蘭さんでした。

          上級生なのにあのかわいさはなんなんでしょう。

          寝癖のような髪型も反則。

           

          美弥るりかさんが銀鏡を渡る曲も変わっていましたが

          前回の記憶が曖昧。

          さらにいうと今回の記憶も曖昧。

          好きが過ぎて記憶力が低下するようです。

           

           

          最近気が付いたのですがどうも私は

          お芝居よりショーが好きらしい。

          タカラヅカらしく華やかでいいですね。

           

           

           

          JUGEMテーマ:宝塚歌劇団

           

          0
            | おおた とも | comments(0) | - |タカラヅカ(舞台と映像) |
            舞台:クルンテープ 天使の都/月組2019@宝塚大劇場2日目

            ショーのメモを。

             

            タイがテーマと聞いて楽しみにしていたタイ好きです。

             

            といっても行ったことは無くて

            タイフェスティバルには毎年行くとか

            セラドン焼きを集めているとか

            タイ料理が好きとかその程度の知識です。

             

             

            最初から美弥るりかさんが登場。

            白い衣装が素敵。

             

             

            タイと言えばムエタイ。

            そして暁千星さんにやって欲しい気持ちはよく分かる。

            抜群の運動神経。

             

            月城かなとさんは蹴られ方が上手いので

            暁さんがより強そうに見えました。

             

             

            美弥さん銀鏡の歌い継ぎで瑠璃色の伝説というフレーズあり。

            そこに気を取られて上手く聞き取れませんでしたが

            永久にという言葉は心に刻みました。

             

            月城さんは月の城。、暁さんは千の星でした。

             

             

            輝月ゆうまさんは

            低音から高音までよく声が出るなあと感心。

             

             

            珠城りょうさんと美弥さんのデュエットダンスは

            裸足なのが新鮮。

            美弥さんの表情が美しい。

             

             

            観たのは2階後方下手のほぼ端の席。

            手すりで見えにくいこともあり残念に思っていましたが

            劇場を見渡す美弥さんの視線がちょうどこちらにくるので

            かえってラッキー。

             

            オペラ越しですが、何度も目があったと錯覚してしまいそうでした。

            前方の席なら確実に勘違いしちゃうな。

            そんなわけで時々記憶が跳んでいます。

             

            芝居以上に美弥さんばかり見ていたので

            他の方があまり見れておりません。

            また思い出したら追記します。

             

             

             

            JUGEMテーマ:宝塚歌劇団

             

             

            0
              | おおた とも | comments(0) | - |タカラヅカ(舞台と映像) |
              舞台:夢現無双 -吉川英治原作「宮本武蔵」より-/月組2019@宝塚大劇場2日目

               

              久々に宝塚大劇場へ行ってきました。

              忘れないうちに覚えているところをメモ。

               

               

              まずはお芝居の夢現無双。

               

              原作は未読です。

              同じ原作のバガボンドはかなり昔に

              最初の方だけをパラパラと見た程度なので記憶がおぼろ。

               

               

              珠城りょうさんは無頼な宮本武蔵。

               

              お通役の美園さくらさんは歌が上手。

              緊張されている様子でしたが初々しい。

               

              美弥るりかさんは佐々木小次郎=美剣士のイメージ通り。

              いや、イメージ以上に黒髪も流し目も麗しい。

               

              おいしい役所の本位田又八・月城かなとさん。

              顔は美しいのにヘタレなイメージがついてしまった。

              人としてはダメなんだけど、

              愛おしいと思えるキャラクターでした。

               

              白雪さち花さん・お甲は

              乱世を生きる女の強さ・狡さが上手い。

               

              吉岡伝七郎を演じる夢奈瑠音さん。

              写真以上に舞台でカッコよさが際立つ方だと思いました。

               

              朱美を演じる叶羽時さんはかわいいなあ。

               

              吉岡清十郎・暁千星さん。

              子供っぽいイメージがあったのですが

              今回はかなりカッコいい!

              朱美を振るシーンが素敵でした。

               

              元が長い話なのでダイジェスト版といった印象。

               

              小次郎の名を語る又八が

              本人とバッティングするシーンが一番笑えました。

               

              あとお杉の強烈なキャラクターもおもしろいですが

              息子・又八への愛は本物なんだなあ。

               

              柳生石舟斎宗厳が芍薬を切るシーンは少年漫画的!

              気がつかない吉岡伝七郎と気が付いた宮本武蔵の展開が

              先に予想できてニヤニヤしてしまいました。

               

              基本、美弥さんをオペラで追っているので

              見逃しているシーンが多いかと思います。

              もう一度観る機会があるので、他の気づきも楽しみです。

               

               

               

              JUGEMテーマ:宝塚歌劇団

               

              0
                | おおた とも | comments(0) | - |タカラヅカ(舞台と映像) |
                舞台:アーサー王伝説/月組2016@シアター・ドラマシティ(DVD)

                題材が興味のあるアーサー王と円卓の騎士なので

                楽しんで観れました。

                 

                 

                アーサー王の苦悩=トップスターの苦悩?

                演じるのは珠城りょうさん。

                どっしりとした体格は王の風格。

                 

                 

                その妻グイネヴィアは愛希れいかさん。

                劇中劇で操り人形を演じるのですが

                本当の人形のようで圧巻でした。

                 

                 

                魔女モーガンは美弥るりかさん。

                男役ならではの力強さと美女であるところが活かされた役。

                 

                アーサー王への憎悪は完全に逆恨みですが

                「私が好き好んで魔女に魂を売ったと思うの?」の一言に胸を打たれました

                彼女が歩んできただろう人生の辛さ・苦しさ・重さに圧倒され

                モーガンを応援したくなるんですよね。

                 

                 

                ランスロット役の朝美絢さんはアイドル的ルックスに目が釘付け。

                 

                 

                キャラクターとして好きなのは佳城葵さん演じるケイ。

                バカなようでもしかして?と思わせる小芝居をたくさん仕込んでいるで

                つい目で追ってしまいました。

                 

                 

                作中のケルト音楽風BGMが好みです。

                1789の音楽も好きなのでドーヴ・アチアさんと相性がいいのかも。

                 

                 

                 

                JUGEMテーマ:宝塚歌劇団

                 

                0
                  | おおた とも | comments(0) | - |タカラヅカ(舞台と映像) |
                  舞台:BADDY(バッディ)−悪党(ヤツ)は月からやって来る−/月組2018@宝塚大劇場(DVD)

                  引き続きショーの方の感想。

                   

                   

                  珠城りょうさんはバッディ=悪党のはずが

                  なんとなく生真面目そうなところにおかしみがありますね。

                   

                  グッディ捜査官は少女向けアニメの主人公のようなキュートさ。

                  愛希れいかさんだからこその

                  フワフワ・かわいい・正義からの力強さ・怒り・憎しみへの振り幅。

                   

                  スイートハートは美弥るりかさんに興味を持ったきっかけ。

                  BADDYとAll for Oneの動画を観て美弥さんを認識しました。

                  男でも女でもどっちでもいいでしょ?な自由さが魅力。

                  男役の芸を磨き、かつ女性としても美しい美弥さんならではの役。

                   

                  月城かなとさんはあんなに美形なのに何故か残念なポッキー巡査。

                  水色メガネも水色ドレスの女装もダサいのに

                  大階段では突然かっこよくなるのだから反則。

                   

                  宇月颯さんのホットと早乙女わかばさんの王女のラブストーリーも

                  つい目で追ってしまいます。

                  現実では結ばれなくても天国では幸せになれたのかな。

                   

                  王子な暁千星さん。

                  やっぱり元気よく踊る姿を観ているとこちらも元気を貰えます。

                   

                   

                  個人的にはスイートハートの登場シーンばかり繰り返し観ていますが

                  人に勧めるなら怒りのロケットが一押し。

                   

                  自分のことになりますが前職を心身を壊して辞めてから

                  しばらくは怒ることが出来なかったんですよね。

                  怒るってすごい力が必要なんだなって。

                  だから怒りのロケットから発散されるパワーには圧倒されます。

                   

                   

                  設定が通しのショーというのを初めて観たので新鮮でした。

                  過去にも通しのショーはあったようなので是非観てみたいな。

                   

                   

                   

                  JUGEMテーマ:宝塚歌劇団

                   

                  0
                    | おおた とも | comments(0) | - |タカラヅカ(舞台と映像) |
                    舞台:カンパニー -努力(レッスン)、情熱(パッション)、そして仲間たち(カンパニー)-/月組2018@宝塚大劇場(DVD)

                    月組のDVD、たくさん観たので

                    忘れないうちに印象的なところだけメモしていきます。

                     

                     

                    珠城りょうさん演じる青柳誠二。

                    こんな爽やかなサラリーマンは中々見つからないと思う。

                    いたら相当モテるよね。

                    スリを捕まえた時の空手、本当に強そう。

                     

                    愛希れいかさんの高崎美波は浴衣姿がかわいかった!

                    バレエには自信がないのに恋愛にはグイグイ行く感じがおもしろい。

                    白鳥を踊る姿、観たかった。

                     

                    美弥るりかさん=高野悠=世界の恋人!

                    すごい設定ですが説得力があるのが美弥さんの魅力。

                    美形で才能があってプロ意識が高いなんてハマり役。

                    バスローブもスーツもロッドバルトの衣装も全て素敵でした!

                     

                    阿久津仁は渋かっこいい宇月颯さん。

                    アイドルユニットにこんなリーダーいたら絶対追いかける!

                    メインメンバーより目立っちゃいません?

                     

                    長谷山蒼太演じる暁千星さんはいつも元気一杯に踊る印象。

                    バレエのことは詳しくわかりませんが

                    ジャンプの高さと回転の速さにはいつも驚きます。

                     

                     

                    宝塚の舞台で満員電車やコンビニが出てくるのが

                    不思議な感覚。

                     

                    バレエもそうですが舞台を続けるというのは大変なことなんだなと

                    妙に現実とリンクする作品でした。

                    リフトを失敗するところは特にヒヤッとしました。

                     

                    最後はカップル3組み成立かな。

                    そこは宝塚的かも。

                     

                     

                     

                    JUGEMテーマ:宝塚歌劇団

                     

                    0
                      | おおた とも | comments(0) | - |タカラヅカ(舞台と映像) |
                      舞台:Anna Karenina/月組2019@宝塚バウホール(LV)-2

                      まだ昨日観たアンナ・カレーニナの余韻に浸っています。

                      とても素敵な舞台を観たという満足感でいっぱいです。

                      ちょっと思い出したこと、気がついたことなど。

                       

                       

                      原作では鉄道作業員の事故だった冒頭が

                      恋煩いをした女性の自殺に変えてあるのですね。

                      とても宝塚らしい演出だと思いました。

                       

                       

                      アンナが離れた息子に地球儀を送りたいと言い出すシーン。

                      地球儀が倒れてきたところをヴィロンスキーが支えたのですが

                      毎回ある演出ではなくアドリブだったらしいと

                      ネットで見た感想で知ってびっくり。

                       

                      崩れていくアンナの精神と

                      それを抱きとめるヴィロンスキーという構図が

                      とても自然表現されているようでした。

                       

                       

                      アンナの髪とヴィロンスキーのベストのマジックテープが絡まったらしく

                      ベリベリと剥がす音がマイクに入っていたのは少し笑いましたが

                      仕草としては出かけるために衣服を整えているようにしか見えず

                      流石役者と感心しました。

                       

                       

                      舞台挨拶では組長・光月るうさんに「愛の巡礼、美弥るりか」と紹介され

                      笑ってしまった美弥るりかさん。

                      仕返しに?光月さんを「セクシー組長」呼んでいらして

                      仲がいいなあとほのぼのしました。

                       

                       

                      印象的だったのが観客がとても集中しているということが

                      伝わってきたこと。

                      もちろん自分自身もそうでした。

                      挨拶では拍手している方もいて、とてもいよい雰囲気でした。

                       

                       

                      次の月組公演のチケットもひとまず確保しましたので

                      楽しみです。

                       

                       

                       

                      JUGEMテーマ:宝塚歌劇団

                       

                      0
                        | おおた とも | comments(0) | - |タカラヅカ(舞台と映像) |
                        ABOUT THIS BLOG
                        好きなもの・興味があること
                        宝塚歌劇団/朝夏まなとさん
                        スコーン/テーブルウェア
                        美術/鉱物/天文/古生物
                        手帳術/7つの習慣/GTD
                        時短/調理器具/Staub
                        フードフェス/喫茶店
                        PROFILE
                        CALENDAR
                        S M T W T F S
                            123
                        45678910
                        11121314151617
                        18192021222324
                        25262728293031
                        << October 2020 >>
                        SELECTED ENTRIES
                        CATEGORIES
                        ARCHIVES
                        PR
                        RECOMMEND
                        RECOMMEND
                        RECOMMEND
                        RECOMMEND
                        RECOMMEND
                        モバイル
                        qrcode
                        LINKS
                        おすすめ